特殊清掃の気になる給与

特殊清掃安心ガイド

Google

特殊清掃の平均給与というのは、業者によってまちまちなので一概にこうとは言えません。

特殊清掃の気になる給与

特殊清掃というのは、清掃に特殊という言葉が付いていることからもわかるように、
ひっそりと亡くなった方の現場の消毒であるとか、
片付け、清掃を行う職業の事を指しています。

人が嫌がる類の仕事、と言えるかもしれませんが、とても大事な仕事なのです。
だからこそ、依頼する業者の質が問題になってきます。
>>安心のできるオススメ業者:特殊清掃ネクスト孤立死・孤独死 即日清掃33,000円~

このように特殊清掃というのは、恐らくは誰でも出来る仕事ではないと言えるかもしれません。
しかし、誰でも出来る仕事ではないからこそ気になるのは、そのお給料ではないでしょうか。

ちなみに特殊清掃の給料というのは、平均で12万~15万前後と言われています。

しかし、年代によっては
例えば20代で7万前後~12万前後、<ベ>30歳代で20万~25万、
40歳代で25万~30万前後と言われています。

ちなみに初任給ですが、こちらは7万~15万前後と言われています。

なぜ同じ特殊清掃なのに、こうも給料に差が出るでしょうか?

そもそも、特殊清掃というのは公共的な職業ではありません。

基本的には民間の産廃業者が産廃業務と同時に起こっているとか、消毒業を担っている業者が特殊清掃も同時に請け負っていることが多いのです。

そのため個人からの依頼も来ますが、賃貸物件などからの依頼も多く、民間の賃貸物件を取り扱っている不動産業者からも依頼が比較的多く来ているようです。
だからといって、適当にやれば良い仕事ではなく、とても重要な仕事です。

この特殊清掃に携わる方の給料は、人が敬遠してしまいがちな業務ではありますが、思うほど給料は高額とは言えない部類に入るのかもしれません。

ですが、もちろん業者によってまちまちですので、一概に金額はこうであると断言はできません。

記事RANKING

MENU