キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 特殊清掃の方法 : 特殊清掃安心ガイド

特殊清掃の方法

特殊清掃安心ガイド

Google

特殊清掃を行う際には、一番多いのが血液とか体液の汚れなのでしっかりと丁寧に残さないように作業する必要があります。

特殊清掃の方法

特殊清掃の作業を行う際には、あらかじめその現場に入る前に念入りな消毒というのが行われます。

なぜ現場に入る前に念入りな消毒が必要になるのかというと、それは特殊清掃の現場というのは、人がなくなった現場というのも多く、感染症のリスクが非常に高いからなのです。

そして消毒が完了すると、いよいよ作業に入ることになります。
まずは片付けの前に汚染されているような所有物を片づけすることになります。

特に亡くなった方というのは、血液とか体液が染み出て、それがたたみやジュータンなどに染み込んでいる場合も多いので、まずはそれらを片付けない事には感染症のリスクも減らすことが出来ません。

これら汚れたたたみとかジュータンというのは、表向きはきれいに見えたとしても、汚れが中まで染み込んでいる場合があります。

そのためたたみとかジュータンは、しっかりとはがして念入りに除菌、洗浄をすることになります。

また、たたみやジュータンのみならず、汚れは壁紙の奥まで染み込んでいることも多くあります。

この際にも壁紙をしっかりとはがして、奥まできれいに血液や体液のシミを除去しなければなりません。

しかも、この血液や体液のシミというのは、どこか一か所であればまだしも広範囲になればなるほど片付けや作業は大変になります。

そのため現場では特殊清掃を行う際に、しっかりとした知識を持った責任者というのが一人は必要になります。

記事RANKING

MENU